page contents 人気ニュース : 韓国初のドーム球場 高尺スカイドームとは

お得情報

お得情報
人気の動画やニュースをお届けします

韓国初のドーム球場 高尺スカイドームとは

高尺スカイドーム(ゴチョクスカイドーム, 고척스카이돔)は、大韓民国ソウル特別市九老区に所在するドーム球場









本球場は、大韓民国が初めて建設に踏み切ったドーム球場である。

009年着工から6年間を費やして建設されたもので、総工費1948億ウォン


床面積81,018m2、地上4階・地下2階で固定観客席18,092席で造成される。

グラウンドから屋根までの高さについては約70mとし、屋根素材としてテフロン加工膜を使用して自然光を採光出来るようにした。

グラウンドは最新のハイテク人工芝と、アメリカ大リーグ仕様の土を採用。また施設内にはLED照明を設置し、省エネルギーに努めると同時にスポーツジムも併設。

また野球以外の各種スポーツ・音楽コンサートなど文化行事にも開催できるように設計された多目的スタジアムとなっている。[1]


本球場をホームスタジアムとして使用する予定のプロ野球チームは、

韓国野球委員会傘下のネクセン・ヒーローズであり、2016年から2017年の2シーズンの間、

本拠地として使用する契約を結んでいる。ただし年間100日程度、

実際に使用した日数に応じて使用料を支払うことになった。

また、野球ナショナルチームの国際トーナメント大会である

2017年ワールド・ベースボール・クラシック決勝大会の開催誘致も念頭において行動をしているが[2]

初の国際試合として、2015年プレミア12に出場している韓国代表キューバ代表の親善試合が、2015年11月4-5日に開催され、

2日間で3万人近い観衆を集め、韓国代表が2連勝した。


ネクセン・ヒーローズが本拠地を移転することで、木洞野球場はアマチュア専用となるが、

本球場でも高校・大学野球の主要大会の準決勝、決勝が開催されている。


また野球以外のイベントにも利用できるように設計され、

2015年10月10日、男性アイドルグループEXOの公演が初のコンサートでの利用となった。

イベント開催時の客席は25000席程度である。

施設

  • 敷地面積:47,800m2
  • 延べ床面積:81,018m2
  • 建築面積:28,625.77m2
  • 座席数:18,092席
  • 事業期間:2009年2月~2015年8月
  • 施工者:韓進重工業

アクセス

人気のホームページ

当社ホームページアクセスしてね




■A8.netのセルフバックはPC&スマートフォンに対応!

 ◇ 自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲットできます
 ◇ ほしい商品も報酬も、両方獲得できてお得なサービスです
 ◇ 申込みするだけ!手間な作業はありません
 ◇ 自分のサイトを持っていなくても大丈夫です
 ◇ A8.netに入会すれば、すぐに利用できます
 ◇ もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません

無料会員登録はこちら